読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぱかっぱらってる

2016.3月〜12月までトロントにいた奴の日記。カフェ巡りが趣味。

MENU

先月のカナダデーを振り返る

へい

 

今週は月曜が祝日で3連休でした。

civic holidayとかいうやつでしたが、

先月1日のカナダデーに比べると盛り上がりが足りませんでしたね。

花火もあがらないし、普通にスーパーマーケットも開いてるし(それはそれは助かりましたが)

 

そういえば先月のブログにカナダデーなにしようかな〜と書いていましたが、

案の定何の予定も入らなくて、

とりあえず家にいたらもったいないなぁということで、夕方散歩にでかけました。

そんなに暑くもなかったし、いい天気だからダウンタウンの方まで歩いてなんか飲みながらゆっくり帰ろう〜と思って歩いてたら、

 

 

すれ違う人みんな赤いカナダのTシャツ着てる

 

 

 

これカナダデーに限らず、普段からカナダの人はカナダの国旗が書いてあるTシャツだったり帽子だったり身につけてるんですよね。すごい愛国心。でもそれカナダの国旗かわいいからだろとも思う。日本の日の丸じゃ正直おしゃれにもならない。カナダのメープルリーフはそういう意味ではお得だね。

この日はその愛国心満載の人数が普段に比べて異常でした。カナダデーだからみんなあえて赤い服とか着ていたみたいだし(わたしは全身真っ黒)

しかも家族連れも多くて、通りもいつもより混んでいた。パレード帰りみたいな人とか。

 

 

まあそんなこんなでトロントの中でも都会の方に着いて、

コーヒーでも飲んで帰ろうとか思ったんだけど、

なんだかカナダデーで盛り上がっている人々を見ていたら、わたしも何かやって帰らなきゃなんかカナダに申し訳ない、と思って

 

なんとなく

映画観ました

(火曜日でもなんでもないのに)

 

 

 

 

毎週火曜日に映画が安く観られるので、留学生の多くはそこめがけて映画観に行くんですけど、

 

その日は特別に、贅沢して、安くもないのに映画観ちゃいました。

 

 

せっかくだから公開初日の映画を

 

f:id:shee4xorx4:20160802101919j:plain

 

 

こちらの映画を観てきました

 

Swiss Army Man

 

 

ハリポタで有名なダニエルラドクリフくんが死体役をしています。

死体を駆使して無人島から脱出するお話です。

 

こちらサンダンス映画祭で賛否両論物議をかました話題作なのですが、

一言で言うと、やばいものを観てしまったぞ、、って感じでした。

まあ予告編を見てくれ、怖い映画ではないから。

 

www.youtube.com

 

 

カナダデーだからやはりお客さんも少なかった。まわり夫婦だらけ。

でもこの映画、絶対に付き合いたてのカップルでは観に行ってはいけない映画でした。

なぜって下ネタだらけだったから。しょっぱなから終わりまでガスがたまっていてだね、、、

でもね、全然汚さのない爽やかでかわいくてオシャレな映画だったのだ。

音楽もすごい良かったし映像も凝っててサイコーだったのだ。

今まで観たことない映画だったのだ。

 

1人で映画観たのは初めてだったんだけど、やはり日本と比べてカナダの映画館すごく好きだな〜。日本の映画館は静かに観なきゃ、、間違えて前の席蹴らないようにしなきゃ、、とか、それなりに緊張感があって、肩がこるんだけど、カナダの映画館はやばい。観客席の一体感がすごい!!!!みんな笑うとこはちゃんと大笑いするし、終わったあとは全員拍手するし、映画作った人がこういう光景見たら嬉しいだろうな〜と思いますね。

今回観たスイスアーミーマンなんて、シュールでクスッと笑ってしまうようなシーンがたくさんあるんですけど、ある男の人1人がヒャーヒャー笑ってたらそれが伝染して他の人も吹き出してしまって、そのまわりにいた他の人も笑い出すっていうのの繰り返しで、結局観客全員笑ってるっていう場面がたくさんありました。ほんと面白かったよ。1人で行ったけどああ大声で笑って良いんだ〜って感じでした。

 

この美しくも下ネタ満載の映画をぜひ観ていただきたいんですが、日本公開がまだ未定なようですね。日本で上映されたらどんなふうに評価されるんだろう。リリコ王様のブランチでなんて言うかな〜。日本公開前の映画がカナダでより早く観られるのは大変得した気分です。もっと英語がわかったらもっと楽しいけどね。

 

それから日本の映画館と違うところといえば、映画館のシートが複雑。

日本だったら、3Dか2Dか、であとは席選んで座るだけ、なんだけど

こっちの映画館は自由席の3D、2D、席が予約できるV.I.Pと上の方の席がとれるPrime Seatsとそれから音響がちょっと優れてるUltraAVXっていうのと、かなり選択肢があるんですよね。買おうとしてメニュー画面を見てみないと予約席だか自由席だかもわからないという。かなり面倒だなぁって思うけど、それほどこだわりの強い映画好きが多いんだなとも思います。映画館側もニーズにお応えしていろいろ工夫してるんだな。

 

最後のクレジット流れてる途中で電気がつくんですよね。だからみんな映画観終わったらすぐ席立って帰る。マーベル作品は別だけどね。

 

トロントに来て日本人以外の国の人と映画の話をしていて思うけど、日本人は映画あんまり観てないんだなーと思う。どんなにB級映画でも、マイナーな映画でも、古い映画でも、日本人みんな観てなくて話通じなかったんだけど、特に南米の人、めっちゃ映画に詳しい。あのシリーズの何作目は傑作だとか、あの俳優の出てる映画は全部観たよ〜とか。なんなんだろう。人にもよるけどさ。友達みんな毎週火曜日は必ず映画を観に行っているし。

だけど逆に言うと映画館に行くしかないくらい何もないのも事実だよね。

東京にはいろんな遊び場とか遊び方があって忙しいけど、

正直言うとトロント何もないから映画館に行くことが定番になるのかな。

まぁいいや、トロントにいる人みんな映画観るの大好きで、映画の話ができてすごく嬉しいさ。Thanks